私にもわかる(かな)アメリカ大統領選#2016

アメリカ新大統領の誕生は2016年11月8日。在ロサンゼルスのノンポリが、渡米16年目にして初めて大統領選を追っかけます。大統領選、私にもわかるかしら?


「スーパー・チューズデー 3/15」 速報③:笑ったのは、やっぱりトランプとヒラリー

今日の勝者は、共和党はやはりドナルド・トランプで、民主党はヒラリー・クリントン。そして、〈隠れた勝者〉が共和党のジョン・ケーシックで、〈敗れたる者〉が同党のマルコ・ルビオでした。3/15、第3回目スーパー・チューズデーの総括。

「スーパー・チューズデー 3/15」 速報②:フロリダで大敗、マルコ・ルビオ撤退表明

オセロのコマは、予想以上のスピードで動きました。先ほど、地元フロリダ州にある自身の選挙本部で、マルコ・ルビオ上院議員が「選挙戦からの撤退」を表明しました。一方、オハイオ州からは、ジョン・ケーシック同州知事が勝ったニュースが!

「スーパー・チューズデー 3/15」 速報①:共和党にとってなぜ今日が〈天王山〉なのか?

今日は3度目の「スーパー・チューズデー」。3月1日のスーパー・チューズデーに続いて、大統領候補者、とりわけ共和党にとっては〈天王山〉ともいえる予備選集中日です。なぜ、天下分け目か? その理由と現状を解説します。

「ミニ・スーパー・チューズデー」はサンダースの巻き返しと、ハワイもトランプでお前もか

踏ん張りましたね、バーニー・サンダース! 「もうこれまで」と思っていたのですが、天晴れです。3月8日火曜日、アメリカ大統領選「ミニ・スーパー・チューズデー」の結果と今後。

「スーパー・サタデー」&サンデーの結果と、共和党で始まった〈トランプ崩し〉

先週の「スーパー・チューズデー」に続いて、昨日は「スーパー・サタデー」、そして本日日曜日も民主、共和両党ともに1州で予備選と党員集会がありました。その結果と、共和党で始まった〈トランプ崩し〉の動きについて。

関ヶ原、「スーパー・チューズデー」はトランプが〈爆勝〉し、ヒラリーが微笑む

トランプが〈爆勝〉し、ヒラリーが微笑んだ「スーパー・チューズデー」の詳細と、誰がトランプを止めるのか?

「ニューハンプシャー予備選」結果と、ジョン・ケーシックってどんな人?

ニューハンプシャー予備選、最終得票率と獲得代議員数。また、共和党第2位と意外な健闘をしたオハイオ州知事、ジョン・ケーシックのプロフィールを紹介。

「ニューハンプシャー予備選」開票率15%で速報②

ニューハンプシャー州予備選。現地時間は夜8時。開票率は両党ともに約15%で、最新結果は以下。 【民主党】 バーニー・サンダース 57.4% ヒラリー・クリントン 40.7% 【共和党】 ドナルド・トランプ 33.7% ジョン・ケーシック 16.4% テッド・クルーズ 1…

「ニューハンプシャー予備選」当日速報①と、バーニー・サンダースってどんな人?

「ディクシィヴィル・ノッチの真夜中投票」からスタートしたアメリカ東部、ニューハンプシャー州予備選。現地時間夕方5時過ぎの今、開票率はわずか1%。なので、まだなんとも言えない状態です。しかし、「ワシントン・ポスト」紙が、最新の世論調査結果を…

「ニューハンプシャー予備選」開票始まる/民主党はサンダース、共和党はケーシック

ニューパンプシャー州予備選、、真夜中の速報! 全米で最初に予備選が行われるニューパンプシャー州で、すでに一部地域で開票が終了。民主党はバーニー・サンダース上院議員、共和党はジョン・ケーシック・オハイオ知事。

2月1日「アイオワ党員集会」結果・評価と、これが党員集会だ!

2月1日、アイオワ党員集会の結果発表。各候補の詳細な得票率と獲得代議員数をリストにしてみました。あわせて、アメリカ大統領選、アイオワ党員集会(アイオワ・コーカス)の仕組みも解説。

アイオワ党員集会当日/ライブ速報③/結果発表

集会開始から約8時間。アイオワ現地時間の真夜中2時40分過ぎにようやく決着。民主党は、ヒラリー・クリントン、共和党はテッド・クルーズ上院議員(テキサス州選出)がトップに。

アイオワ党員集会当日/ライブ速報②

アメリカ大統領選の初戦、アイオワ党員集会の1日を追いました。民主共和、両党ともに稀に見る大接戦。とてもおもしろい選挙でした。

アイオワ党員集会当日/ライブ速報①と「アイオワ党員集会」の仕組み

あと数分で、アメリカ大統領選の初戦、アイオワ党員集会が始まります。今夜のアイオワ州は「雨または雪」。集会前の最終調査と現地の模様。あわせて、アイオワ党員集会の仕組みを解説。

アイオワ決戦まであと数時間

アメリカ大統領選は、初戦のアイオワ党員集会がまもなく。共和党はドナルド・トランプか、テッド・クルーズか? 民主党はヒラリー・クリントンか、バーニー・サンダースか? この10日間の流れを追いつつ最前線をアメリカからリポート。

サンダースの追い上げとヒラリーのデジャブ? (含・第4回目民主党大統領候補討論会の報告)

ヒラリーを猛烈に追い上げているサンダース。民主党はどっちを選ぶのか? 第4回目民主党大統領候補討論会の報告をかねて。

出たな、ペイリン。トランプと♫〈アイオワの恋の物語〉

朝刊を見た時、「サタデーナイトライブ」の番組欄かと思いました。トランプとペイリンのツーショット。出たな〜、妖怪ペイリン。アラスカで寝ていたと思ったら、どっこい満を持して登場です。だいぶ太ったな。 この写真(”LA Times”, today)を見ていたら、…

まさしく〈舌戦〉、第6回目共和党大統領候補討論会(2016年1月14日/サウスカロナイナ州ノースチャールストン)

第6回共和党大統領候補討論会は、拍手喝采とブーイングが激しく交差した〈舌戦〉でした。ブーイングを浴びながらも、トランプの首位は変わらず。なお、トランプは、日本企業コマツを名指しで批判。

大統領戦の主要日程と、共和党混乱の元凶

新年に、大統領選の日程を書き忘れていました。主要日程は以下です。 2月1日 アイオワ州党員集会 2月9日 ニューハンプシャー州予備選 3月1日 スーパーチューズデー(予備選の集中日) 7月18日〜21日 共和党大会(同党の大統領候補決定) 7月25日〜28…

銃規制強化、オバマ大統領の〈涙〉、本当の意味

オバマ大統領が、先週、新たな銃規制を説明した際に流した涙は、多くの人の共感を呼びました。大統領の涙をヒューマニズムと結びつけて考える人が多いと思います。が、一部の米ジャーナリストは、この涙を別の文脈で捉えています。

トランプの過激なラジオCMと、ヴァージニア州市長の「日系人強制収容」失言問題

まずは、ドナルド・トランプ共和党大統領候補のラジオCMを聴いてみてください。一番上の「Dangerous」の「▶」を押すと、トランプ本人の声が流れます。 http://www.donaldjtrump.com/media/november-18th-radio-spots トランプが、CMで訴えているのは煎じ詰め…

パリのテロと大統領候補の反応

パリのテロ事件と、それに続く、ISISによる「次はワシントンを攻撃」声明が、“移民大国”アメリカを揺さぶっています。ここで問題なのは、テロリストと平和なイスラム教徒をごっちゃに考えてしてしまうことでしょう。ただし、では、イスラム教徒の移民を、と…

第2回民主党大統領候補討論会(2015年11月14日/アイオワ州ドレイク大学)

パリのテロから一夜明けて開かれた第2回民主党大統領候補討論会(於・アイオワ州ドレイク大学)は、犠牲者への黙祷から始まりました。討論のテーマも、当初予定されていた「経済」から、急遽「テロとの戦い」「外交政策」に変更。

第4回共和党大統領候補討論会(2015年11月10日/ミルウォーキー)

共和党討論会の出席者は、前回の10人から2人減って全8人。こうやって、人気のない候補者から順に“落っこち”させていくシステムなんだそうです。いかにもアメリカですね。さて、2時間の討論会を経てなお、共和党の混戦は続いています。

トランプとブッシュの新刊と、いい男の正体=ランド・ポール

トランプとブッシュ(ともに共和党)が新刊本を出した。11月3日に発売したトランプ本。瞬間風速でベスト1に。

第3回共和党大統領候補討論会(2015年10月28日/ボールダー)

話題は、なんといっても共和党大統領候補討論会。これで3回目だそう。渡米から16年間、実のところ大統領選は基本スルーしてきました。でも、選挙ってお祭りじゃん。やっぱ楽しまなきゃと、今年は気合いを入れて追っかけようと思います。