読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私にもわかる(かな)アメリカ大統領選#2016

アメリカ新大統領の誕生は2016年11月8日。在ロサンゼルスのノンポリが、渡米16年目にして初めて大統領選を追っかけます。大統領選、私にもわかるかしら?


民主党大会マトメ②:なんたってサンダース!だった初日

 東部フィラデルフィアで先週開催された民主党大会(7/25〜28)。スローガンは、ヒラリー・クリントンの選挙戦で使われた「一緒なら強くなれる」でした。でも、「一緒になる」には、だいぶん困った事件が直前に起きました。ウィキリークスが、民主党の内部Eメールを暴露。民主党全国委員長のデビー・ワッサーマンシュルツ他が、予備選時ヒラリー側に加担、対抗馬のバーニー・サンダース上院議員に、不利な作戦を企てていたことがわかってしまったのです。委員長は中立でなければなりません。そのため、ワッサーマンシュルツは、大会前日に閉会後の委員長辞任を表明。サンダース支持者が、抗議デモを行う異例の事態に陥りました。

 揉めに揉めた共和党大会を彷彿させる騒然とした状況で、初日に登壇したのがサンダースです。彼も、共和党のデッド・クルーズのように大会を混乱させるのか? しかし、サンダースはえらかったですね。男、サンダース、いよっ!

      
Full Speech Bernie Sanders at DNC. July 25, 2016. Democratic National Convention 2016. Philadelphia.

 サンダースが登壇すると、会場は異様な空気に包まれました。熱狂するファン、撤退宣言を予期してブーイングするサンダース支持者、泣き出す人々。サンダースは何度も話し始めようとするのですが、人々の叫びがそれを許しません。まるで、サンダースが大統領候補のような雰囲気。そんな中でサンダースは明言しました。「最悪の大統領を避ける」ために、「ヒラリー・クリントンが、次のアメリカ大統領になるべきだ」と。

       f:id:yukikoyanagida:20160803200053p:plain

 その瞬間、会場はどよめきで沸騰。しかし、サンダース、ただでは撤退しません。言うべきことは言いました。男だ! 「みんながガッカリしているのはわかる。でも、誰よりも残念に思っているのは、この私だ」と語った後で、「私とヒラリーが、多くの点で一致しないことは誰の目にも明白」と続けます。 

【広告/下に記事つづく】
 

 サンダースは、予備選で敗北が確定した後も、長い間(4週間。これは異例の長さだそう)ヒラリー支持を表明しませんでした。そこには、ひとつでも多く自分の政策を、党の政策綱領に盛り込むという意図がありました。いわばリバレッジをかけたわけです。そして、この戦法は功を奏しました。大会で承認された政策綱領は、72年以来のリベラル色満載と評されています。

        f:id:yukikoyanagida:20160806095308p:plain

*党の政策綱領に盛り込まれたサンダースの政策

  • 最低賃金時給15ドル(約1,500円)/現在の全米平均は7.25ドル。ヒラリーは当初12ドルを主張。
  • 世帯収入12.5万ドル(約1,200万円)以下の子弟の公立大学無償化ヒラリーは当初、無償化を否定。
  • 政府の健康保険を作る/国民皆保険「オバマケア」といっても、現状保険を運営しているのは私企業。/ヒラリーは当初、政府の運営に消極的。
  • TPP(環太平洋経済連携協定)他、貿易協定に関し反対とは明記しなかったものの慎重姿勢。/ヒラリーは過去にTPPを推進。
  • 金融機関への規制強化
  • etc. 

  なお、日本については韓国他の同盟国と並べる形で「同盟強化」を明記。「日本への歴史的な責務を順守する」と特記しました。また変わったところでは、「医療目的のマリファナ研究の規制緩和」も綱領に入っています。

 政策綱領は全35ページ(↓)。

https://demconvention.com/wp-content/uploads/2016/07/2016-DEMOCRATIC-PARTY-PLATFORM-DRAFT-7.1.16.pdf 

 サンダースは、支持者に向けてヒラリーへの支持を誠実に訴えると同時に、「今後の私たちの仕事は、党が、ヒラリーが、綱領を守り推進するかを見届けること。政治革命は終わらない」と、演説を締めくくりました。見事です。字幕はありませんが、是非、(↑)のYouTubeをクリックして見てください。

            f:id:yukikoyanagida:20160803201200p:plain

 トランプは早々に、「サンダース支持者は、ヒラリーじゃなくてこっちに来い」と、ツイッターで呼びかけ。 

        f:id:yukikoyanagida:20160802215422p:plain

「USA!!」と叫びまくるのは、右寄りの共和党大会だけかと思ったら、リベラルといわれる民主党でもやるんですね。国旗掲揚でさえ議論が分かれる日本から来た私には、ちょっとこわい光景。日米以外の国はどうなんでしょう? 

【広告/下に記事つづく】
 

  それでも4日間を通じて、民主党大会からは共和党大会よりも党内の協調や、世界の多様性に対する容認を感じました。また、脅威よりも希望を訴えた印象です。

        f:id:yukikoyanagida:20160803172349p:plain

  多様性(小池百合子知事言うところのダイバーシティ)の例①。キリスト教以外の宗教者も登壇。共和党大会は、キリスト教、それもプロテスタントの色合いがひじょうに強かったです。

                         f:id:yukikoyanagida:20160803173535p:plain

 多様性の例②。LGBT(ゲイ、レズビアン、バイセクシュアル、トランスジェンダー)の活動家、サラ・マックブリッジさんもスピーチ。それにしても美しい!

    www.youtube.com

 サンダースの政策をたくさん受け入れたヒラリーは柔軟なのか? あるいは節操がないのか? (↑)は、コメディショー「サタデー・ナイト・ライブ」が作ったヒラリーの政治広告。自分の考えを訴えるヒラリーが、だんだんサンダースと同じこと言うようになっていく\(^o^)/

yukikoyanagida.hatenablog.com