読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私にもわかる(かな)アメリカ大統領選#2016

アメリカ新大統領の誕生は2016年11月8日。在ロサンゼルスのノンポリが、渡米16年目にして初めて大統領選を追っかけます。大統領選、私にもわかるかしら?


ヒラリーの健康問題で行方が見えない大統領選

 夏の終わりを告げるレーバーディ(9月5日)後、大統領選は終盤戦に入るといわれますが、別段パッとするニュースもないまま1週間が過ぎたなあ〜と思っていたところ、凄いニュースが入ってきました。一昨日9月11日に、ヒラリー・クリントン民主党大統領候補)が、ニューヨーク米同時テロ追悼式典で、体調を崩し途中退出というビッグ・ニュースです。日本でも大きく報じられたので、映像をご覧になった方も多いでしょう(↓)。


SHOCK VIDEO: Hillary Clinton Collapses Leaving 9/11 Memorial

 よれよれですね。倒れこむように車に乗り込んでいます。実は、この前日、テレビニュースに映ったヒラリーの映像に、「ずいぶん疲れているね」と夫婦で話していた矢先の出来事でした。この日のよれよれ&ぐんにゃりは、熱中症による脱水症状や、前から患っていた肺炎が原因の由。ヒラリーは直後から、娘、チェルシーが住む市内の自宅で休息、治療。その後、(サングラスをかけたままでしたが)回復した映像が報道されました。

 この式典には、ドナルド・トランプ共和党大統領候補も出席していました。こちらは元気。

続きを読む

ドナルド・トランプ、2カ月で2度の参謀長替えと「後悔の念」

ドナルド・トランプが後悔の念!」との報道が飛び交っています。そら、誰だって「後悔」することはあるんですが、トランプが「後悔」を口にすると大ニュースになっちゃうんですね。氏が何を「後悔」しているかというと、「これまでの扇動的言動」。この背景には、やはり支持率の低下や、自身が属する共和党内部から「トランプ不支持者」が続出している痛手があると思われます。

 その上、トランプはここにきて、6月に続き選挙参謀長の交代に踏み切りました。2カ月間に大事な参謀長を2度も、しかもこの時期に、です。トランプさん、自身が出演していたTV番組のごとく、「You're Fired!(お前は首だ!)」と叫んだのかどうか。

        f:id:yukikoyanagida:20160822075358p:plain

 今回辞任した参謀長は、ポール・マナフォート(67)。フォード、レーガン、ブッシュ各大統領(すべて共和党)の選挙アドバイザーや、ウクライナのヴィクトール・ヤヌコヴィッチ前大統領のコンサルタントを務めた大物です。実は、このマナフォート、先週、「ウクライナのロビー活動をする見返りに報酬を得ていた」との疑惑が持ち上がりました。アメリカで、アメリカ人が他国のロビー活動をするのはOKですが、その際、その国の機関であることを正式に登録しなければなりません。しかし、マナフォートは未登録でした。

続きを読む

トランプが(いよいよ)おかしいゾ

 このところ、ドナルド・トランプ共和党大統領候補の言動がいよいよ変、と思うのは私だけでしょうか? まあ、今までも変な発言をし、であるが故に耳目を集め、支持率を上げてきた人なので、今回も、と考えることはできます。しかし、私はちょっと違うように思うのです。トランプは焦っている。それで変になっている、というのが私の見立てです。

  焦っている理由は、もちろん支持率。共和党大会後の先月末には、ヒラリー・クリントン民主党大統領候補より支持率が上だったトランプ。しかしその後は逆転され、たとえば今日のEconomist/ YouGovの調査では、ヒラリー=41%、トランプ=35%と、大きく離されています(他の%は第3極の候補者)。

 変だから支持率が落ちたのか? 支持率が落ちたから変なのか? この判断はかなり難しいです。とにかく、最近のトランプの「変」を列記してみましょう。

続きを読む

ヒラリーとサンダースのカリフォルニア決戦を改めて眺めてみる

 1カ月間日本に行っていた間に、ツンドクになった新聞をようやく読み終えました。

             f:id:yukikoyanagida:20160703095310j:plain

 こうして改めて読むと、ずっと気になっていた大票田のカリフォルニア決戦(民主党/6月7日)は、思いの外、バーニー・サンダースが弱かったですね。リベラルが信条のサンダースなら、決して落としちゃいけないサンフランシスコですら勝てなかったのは、いかにも痛い。その結果、得票率=ヒラリー・クリントンサンダース=59.9%:39.1%。獲得代議員数=ヒラリーサンダース=269:206。

           f:id:yukikoyanagida:20160807193136j:plain

 私が住むロサンゼルス郡ですと、結果はこう(↑)。青がヒラリー、赤がサンダースですから、ほぼヒラリー色ですね。ヒラリーは、ヒスパニックや黒人から支持があついので、多民族のロサンゼルスでは当然の成り行きでした。ドナルド・トランプ共和党大統領候補との本戦でも、多民族の大都市で勝利しそうです。from LA Times 06/08/2016

       f:id:yukikoyanagida:20160608050304p:plain

 6月7日のCNN(↑)。この日は全6州で予備選がありました。

         f:id:yukikoyanagida:20160810172744p:plain

 この表は、すべての予備選、党員集会(ここまでが選挙と集会に比例した代議員数↑)、そして、先週の党大会での投開票(予備選や党員集会の結果と関係なく投票する特別代議員数↑)の集計です。ヒラリーサンダース=14:9。ヒラリーは、特別代議員からの票が圧倒的でしたね。それだけ、党内に基盤を張っていたわけです。

続きを読む

トランプ直近の3つの舌禍事件

 今日からリオ五輪ですね。今、ロサンゼルスのテレビでも開幕式の模様を伝えています。みんな、アメリカ大統領選どころじゃないのかしら? でも、大統領選が中断するわけもなくーー。共和党閉会後に支持率を急進させたドナルド・トランプ共和党大統領候補が、ここにきてガクンと支持率を下げています。各種世論調査の平均(7月29日〜8月4日)は、ヒラリー・クリントントランプ=47.3:40.5。その背景には、3つの舌禍事件がありました。

        f:id:yukikoyanagida:20160427144821p:plain

*出来事①

「ウィキリークス」が、民主党の内部Eメールを暴露。民主党全国委員長の デビー・ワッサーマンシュルツ党指導部が、大統領候補指名争い時にヒラリー側に加担、バーニー・サンダース上院議員に不利になる作戦を企てていたことが判明しました。民主党の内部Eメールをハックしたのは、ロシアと目されています。

*トランプの反応①

「国務長官時代のヒラリーのEメール問題。彼女が削除したという32,000通強のEメールも、ロシアにハックしてもらいたい」と発言。

*火消し①

 マイク・ペンス副大統領候補とポール・ライアン下院議長(ともに共和党)が、「ロシアもプーチンも、米国内の選挙には介入しないように」と警告。でも、本来2人が警告すべき相手はトランプなのでは? 

続きを読む

民主党大会マトメ⑤:最終日/芸能人もいっぱい

 民主党大会、最終日のメインイベントは、ヒラリー・クリントン大統領候補指名受諾演説でした。その模様は(↓)。

yukikoyanagida.hatenablog.com

 この日は他に、パキスタン系アメリカ人、キズル・カーン夫妻(↓)のスピーチがあり、これが今にいたっても侃々諤々の議論を呼んでいます。カーン夫妻はイスラム教徒。子息のフユマンは元陸軍大尉で、イラクにて戦死しました

        f:id:yukikoyanagida:20160803174630p:plain

  夫妻は、どんな民族でも、アメリカ国民として国家に尽くすことはできると主張。その上で、イスラム教徒の入国禁止を訴えるドナルド・トランプ共和党大統領候補に、「アメリカ憲法を読んだことがあるのか?」と問いかけました。

続きを読む

民主党大会マトメ④:3日目・正副大統領より心に響いた、ギフォーズ元下院議員の銃規制スピーチ

 民主党大会3日目の報告です。もう1週間前の出来事。申し訳ないです、報告が遅くて。

        f:id:yukikoyanagida:20160802220221p:plain

 民主党大会銃規制強化を訴えたガブリエル・ギフォーズ元下院議員。ギフォーズは、2011年、頭部を撃たれ重体に陥り議員辞職。事件以来初めて公の場でのスピーチでした。「私はまだ話すのが困難です」と、語りながらの短くも簡潔な訴えは私の胸にドンと響きました。  この後に登壇したオバマ大統領バイデン副大統領、そしてティム・ケイン副大統領候補の演説よりも。

        f:id:yukikoyanagida:20160802161652p:plain

 オバマ大統領、大観衆を前に最後の公式スピーチ。自らの業績、トランプ批判、ヒラリー推薦の弁と、わりと普通の内容。途中、「Yes, We Can!」と語った時、あー、そういうフレーズがあったなあ、と8年前の就任時を思い出しました。あれから、実にいろいろなことが起きました。まだ、ISによるテロなどない時代でした。     

        f:id:yukikoyanagida:20160803174756p:plain

 オバマ大統領のスピーチ後に登壇し、大統領と抱き合うヒラリー。大統領は演説で、「ヒラリーは、過ちを犯したことを自覚している。過ちは私も、そして誰もが犯すものだ」。確かに完璧な人間はいません。しかし、こういうことをわざわざ党大会の場で言及しなけりゃならないのが、痛いところ。photo from democraticparty@democrats.org

          f:id:yukikoyanagida:20160803150114p:plain

 ジョー・バイデン副大統領も登壇。バイデンが、こんなに力強い演説をする人とは知りませんでした。「トランプが中産階級を支えるだと? Give me a brake!!(いい加減にしろ!/否、「顔を洗って出直せってんだ!」の方が近いニュアンスかも)」「トランプは、アメリカ史上最悪の危険候補」などなど、全編ほぼこれ絶叫ジョータイ。

続きを読む